行政書士試験における必要な勉強時間はどれくらいか?

ブログ
この記事は約5分で読めます。
ヌメまさ
ヌメまさ

行政書士にうかるのに必要な時間は…1000時間か。

うん?でもこっちのサイトでは600時間?

え、300時間でもうかる!?どれが本当の情報なの?

みなさんは行政書士試験に合格するまでにどれくらい勉強すればいいのか知っていますでしょうか?

よくネットとか見ていてよく目にする目安の時間があります。それはだいたい、600~1000時間という数字がのっていますね。

私も勉強をはじめたてのころは、この合格までの勉強時間というのが気になっていたうちの一人です。

そこでこの記事では私の経験も交えながら、行政書士試験に合格するために必要な勉強時間というものに付いてのべていきます。

行政書士試験合格に必要な勉強時間はどれくらいか?

結論:人によります。

あえて目安を挙げるとすると、

・法律学習経験者→500~600時間
・法律初学者→1000時間以上
このくらいで考えるといいかと思います。

行政書士試験合格に必要とされる勉強時間を守れば合格できるのか?

まず結論から申しますと、それだけでは合格することは難しいでしょう。前書きのところでも書きましたが、だいたい600~1000時間の勉強時間必要だという情報が大半です。

でも改めて考えてみると、1000時間とかってすごい時間になりますよね。1日24時間勉強し続ける×41日半やって到達できるレベルですからね。まあまあ結構な時間ですよね。

私は勉強時間は少ないよりも多い方が間違いなく自分の力になるという意見については賛同します。例えば全くの法律の初学者が100時間やるより、1000時間やった方が間違いなく後者の方が可能性はありますよね?

でもだからといって、時間ばかり増やしたところで本当に合格できるんでしょうか?ここで一つ例をあげます。

Nくんは1000時間のうち、テキストなどをひたすら読み込むなどおもにインプットに時間を割いた。
ちなみに私はインプットはそこそこに、アウトプットに時間を割く方がいいという考えです。それをふまえると、ヌメまさのこの勉強法で1000時間勉強したとしてもはたして合格できるのかどうか…
 
もちろんインプット中心で合格できる人もいるでしょう。人それぞれなのでやり方を否定するつもりはありません。
 
ようは、勉強方法が人それぞれなのに一概に勉強時間について考えるのは無駄ではないか?ということなのです。

そもそも勉強時間の定義とは?

上で勉強時間は人それぞれだということを言いましたが、次は勉強時間の定義についてです。再び例をあげます。ちなみにそれぞれ勉強時間は1000時間やったということにします。

  • Nくんは全て机に座って勉強した
  • N子ちゃんは通勤の電車の中で勉強+机に座って勉強
  • Nよしくんは以前宅建試験の勉強で民法をやったことがある+机に座って勉強

といった感じでおそらく人によって何を勉強時間に含めるとか違うと思うんですよ。ですからやはり一概に勉強時間を語るというのは意味があまりないんじゃないでしょうか。

勉強方法を正しいものに

というわけでここからは実際に行った私の勉強法の話をしていきます。すでにのべたようにあまり意味のない勉強を長時間やったとしても合格に近づくことは難しいです。

1年目の勉強方法

1年目は途中で挫折しましたので勉強法が確立していたとも言いがたいのですが、一応紹介します。

一言で言うとインプット中心でしたね。そもそも理解できていなかったので、過去問を解こうという発想になりませんでした。なので無駄に基本書を読み込んでマーカーを引くぐらいしかしませんでした。

もちろん1年目は不合格でありました。

2年目の勉強方法

2年目は勉強法の根本から見直そうと考えて、ネットで色々情報収集していました。するとインプット<アウトプットが大事であるとの情報を信じることにしました。

2年目に使用したテキスト等の記事も書いています。ご覧ください。

行政書士試験で独学にかかる費用

こうしてアウトプット中心の勉強法に変えたことでいい変化がでてきます。

勉強内容>勉強時間を意識した結果

このように2年目はアウトプット中心の勉強法に切り替えて継続していました。そうこうしているうちに9月になり模擬試験を受ける季節になりました。

ちなみに模試はユーキャンのものを2回受けました。

模試でいきなり200点超え

最初の模試では正直めちゃくちゃできた!っていうほどでもなかったのですが明らかに1年目より手応えがありました。すると結果は…

まさかの200点超えでした!1年目の同じ頃は110点しかとれなかったことを考えると、すごい進歩です。

この勢いのまま2回目の模試でもきっちり180点到達です。これは勉強法を見直して正解だったと確信しました。

2年目でついに…

そして遂に本試験の日です。もうここまででかなりやりきったという思いがありましたので少々自信もありました。

結果は無事に合格です。

そういうわけで私の行政書士試験における勉強は終わりを迎えたわけです。

まとめ

さて今回は行政書士試験における勉強時間に対する考え方について述べてきました。参考になる部分はありましたでしょうか?まとめると、

  • ただ単に例えば1000時間やっても、勉強法が間違っていれば合格はできない
  • また人によって勉強時間の定義が違う(ある人は隙間時間の勉強は勉強した時間に含んだり、含まなかったり等)
  • 勉強時間より勉強内容の充実を図るべき

ということになります。考え方は人それぞれなので否定はしませんが、私は時間は気にせず、とにかく一つ一つ問題を潰していくことを意識する方が圧倒的に合格に近づくと感じました。

なので皆さんにもどうか時間に惑わされず、勉強内容にフォーカスしてやってみて下さい。きっと合格が近づいてくると思います。

タイトルとURLをコピーしました