行政書士試験合格までにかかる費用[通信講座+市販のテキストの場合]

ブログ
この記事は約2分で読めます。

行政書士試験に合格するまでにいくらぐらい費用ってかかるものなんでしょうか?

経験者の方の実際にかかった費用を知りたいです。

今回は行政書士試験に合格するまでにかかる費用についてです。

これから行政書士試験合格を目指すあなたは、合格までにどのくらいの費用がかかるか正確な数字はわからないものではないでしょうか?

私も1番最初はどの程度かかるのかわからなかったので、疑問に想う気持ちがわかります。

そこで今回は私の実際にかかった費用を紹介していきます。

1年目にかかった費用

スーパー過去問 民法ⅠⅡ・憲法・行政法・文章理解(5冊) 1980円×5冊=9900円
デイリー六法 2035円
LEC出る順ウォーク問 2420円
ユーキャン通信講座 63000円
ユーキャン模擬試験2回分 9800円
本試験受験料 7000円
            合計 94155円

2年目にかかった費用

ケータイ行政書士 ミニマム六法 1760円
ケータイ行政書士 一般知識 990円
TAC40字記述式問題集 1760円
合格革命 肢別過去問集 4180円
ユーキャン通信講座継続 19800円
ユーキャン模擬試験2回分 9800円
本試験受験料 7000円
         合計 45290円

まとめ

今回は行政書士試験合格までにかかる費用について紹介してきました。私の場合は2年間という期間で、通信講座+補助で市販の教材という形でした。

ですのであなたがもし私と同じような形で学習を進めていく場合は、参考になるかと思います。

当然独学で行くという場合は、さらに安く費用を抑えることができます。それぞれのパターンにあてはめて、今回の費用について参考にしてもらえばいいです。

タイトルとURLをコピーしました